千住葱とは

 よく知られる長ネギ(根深葱)の1つに、江戸時代から伝わる江戸野菜として「千住葱」と呼ばれるネギがあります。
 「千住葱」という名前だけを聞き、そういう品種があるのか、と思う方は多いかもしれません。ですが、事情は少し複雑です。
 「千住葱」は、実は品種名ではありません。ひらたく言ってしまえば「ブランド名」。もっというならば「食文化」とでも言うべきもので、その成立には、江戸時代から現代まで続く、江戸・東京のネギの歴史が深く関わっています。

千住葱の歴史 ネギの伝来

 江戸にネギが伝わったのは、江戸初期だと言われています。「砂村(現在の江東区北砂・南砂あたり)」に大阪からネギの種子が持ち込まれ、栽培が始まり「砂村葱」と呼ばれるようになったそうです。
 一説によると、砂村葱は「大阪城の落ち武者が持ってきた」とも云われ、その子孫とされる砂村新左衛門によって栽培されたと伝わっています。その後、江戸の人口増加を賄うために、農産物の耕地が拡大。「千住(現在の足立区南部・荒川区東部あたり)」にネギが伝わったようです。
 この時期からネギをはじめとした野菜類が盛んに栽培されるようになり、伝統的な江戸野菜がほぼ出そろいました。

千住葱の歴史 ネギの品種改良

 江戸に伝わった当初のネギは、京都の九条葱のような「葉葱(白い部分が少なく、青い葉の部分を食べる種類)」であったと云われています。しかし、関東は関西より寒く、葉が霜枯れを起こしたようです。その結果、土中の白い部分が美味になったことから、白い部分が多いネギが優良品とされて江戸っ子に好まれ、高値で取引されたようです。それ以降、ネギは盛んに品種改良され、広まったという説があります。

 こうして「根深葱(いわゆる長ネギ。土中で育てた白い部分を食べる種類)」が誕生したと考えられています。
 この江戸で品種改良されたとされる根深葱は日本のネギの3分類の中のひとつ「千住系」に分類されています(残り2つは「九条系」と「加賀系」)。また、農学においては「千住系ネギ」や「千住群ネギ」と呼ばれています。

千住葱の歴史 江戸のネギ栽培

 葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」の1つ「武州千住」には、ネギを背負って運ぶ馬と人の姿が描かれています。当時から千住のネギが、江戸の風物詩として受け入れられていたことがうかがえます。
 では当時なぜ、千住界隈で盛んにネギが栽培されたのでしょうか。それは、荒川や江戸川(旧・利根川)の氾濫などによって運ばれた、水はけがよく乾燥しない。砂と粘土がまじった肥沃な土壌がネギ栽培に最適だったからだといわれています。また、それだけでなく、根深葱の白い部分は土中で育つため、千住近郊の土のほどよい粘土分がネギの白い部分をしっかりと覆い、品質の良いネギができあがるといいます。

 また、当時のトイレ事情も関係していたとの意見もあります。当時の江戸のトイレは、ほぼすべて汲み取り式で、その肥を舟に乗せて荒川を遡り、畑の肥料にリサイクルしていたというのです。この光景は、昭和のはじめまで見られました。
 こうして千住で育てられたネギは、江戸の青物市場のひとつ。千住宿の千住市場に集荷され、墨田川を下って江戸中に運ばれました。

千住葱の歴史 明治~戦前

 そうした「千住からもってくるネギ」のことを「千住葱」と呼ぶ習慣は、いつから始まったかは定かではありませんが、明治の頃にはもう、そう呼ばれていたといいます。
 当時、東京府では明治の文明開化で「牛鍋(あぐら鍋)」の需要と共に、その材料としてネギの需要も増え、高品質の千住葱を飲食店に卸す専門の葱業者が、千住界隈に増えはじめました。
 現在、千住葱を扱う「千住葱商組合」に所属する「有限会社 葱萬」と「株式会社 葱善」が創業したのもこの頃(共に明治18年)です。

 葱業者たちは「千住青物市場」で品質の良いネギを仕入れて、地元を大八車で得意先に配達して回っていました。そのため、当時の千住葱の流通規模は、限定的なものでした。
 千住界隈でのネギの栽培は、東京の需要もあり増え続け、日清戦争(明治27~28年)後から大正時代頃に最盛期を迎えました。しかし、東京の人口増加が顕著となったことで宅地に土地を取られ、しだいにネギの作付面積は、埼玉、千葉が東京府をしのぐようになっていきました。
 今日では、千住界隈での栽培はなくなったものの、埼玉県、千葉県、茨城県などの高い技術をもった生産者に引き継がれ、高品質な千住葱が栽培され続けています。

千住葱の歴史 戦後

 アジア太平洋戦争中は、千住葱にとって受難の時代でした。昭和14年からはじまった「価格等統制令」により食料品や生活必需品は配給のみに絞られ、市場は閉鎖。千住葱の中心地だった千住青物市場もなくなり、取引ができなくなってしまったのです。
 戦後になっても価格等統制令はしばらく続きましたが、統制が緩和された直後。昭和25年に、かつての千住青物市場の系譜を継ぐ「山柏青果物卸売市場(千住河原町)」が開設されました。ここは全国で唯一の「千住系の根深葱」を専門に扱う市場です。
 当時は同じくネギ専門の市場が他に4つありましたが、現在まで残っているのはこの「山柏」のみとなっています。

 この頃の千住葱の栽培は、各農家ごとに種も栽培法法も異なりました。使っている種は代々独自に品種改良された秘伝の種(在来種・固定種)で、その栽培方法も門外不出。種を渡さなくてはいけなくなったら、炒ってから渡す。というエピソードが残っているほど、特別なものでした。
 そうした品質の良いネギが、山柏をはじめとした、ネギ専門の市場に集まるようになると、千住葱は息を吹き返します。
 こうして、中央卸売市場から一般の八百屋に出まわるネギとはまったく異なる。高い栽培技術をもった専門の生産者による高品質のネギを、山柏青果物卸売市場を通じて、専門の葱業者が流通させる「現代の千住葱」の姿が確立されました。
 葱屋のネギと八百屋のネギのちがいは、子供にもわかる、といわれるほどでした。
 現在のところ、それらの流通は、飲食店などで使われる業務用がほとんどです。
 高い品質をもつ「千住葱」は様々な料理に適した高級食材として、プロの料理人たちに受け入れられています。

千住葱の歴史 千住葱商組合の誕生

 高い技術をもった専門の生産者が栽培した高品質のネギを、専門の市場である山柏青果物卸売市場で目利きをして、葱業者によって流通する現代の「千住葱」。
 昭和25年。「山柏」開設とほぼ同時期に、この千住葱の流通を専門にした葱業者たちの組合「千住葱商組合」が発足しました。
 2017年現在、明治創業の「有限会社 葱萬(足立区千住仲町)」と「株式会社 葱善(台東区浅草)」。その後創業した「有限会社 葱雅(足立区千住河原町)」「有限会社 葱茂(足立区千住)」「葱光商店(足立区補保木間)」「葱勝商店(足立区梅田)」の6つの葱業者から成っています。

 千住葱商組合は、戦中・戦後の混乱期を越え、江戸時代から脈々と続く。先代から受け継いできた「千住葱という食文化」を守り、絶やさないように。同じ「千住葱」を扱う葱業者同士、力をあわせて助け合うことを目的に結成されました。
 ただの「ネギを販売する問屋」ではなく「千住葱を扱う葱業者」として。
 同じく、千住葱の担い手となってくれている生産者と一丸となって。支援や生産者の育成にも力を入れ、千住葱を未来に橋渡しすることを志し、今日も伝統を守りつつ。正しく千住葱を広めるため、努力を続けています。